2014年06月14日

グリーフケア

今月末、千葉県こども病院内にて、グリーフケアの集まりがあります。
年に1回行われており、私は初めて参加します。

最近、医療関係において、事故やミスといったニュースが相次いで報道されており、
心が痛みます。
子を亡くすというのは、想像もつかない程苦しく哀しいもので・・・・
脳幹部グリオーマという病気は、いたしかたなくその予後が悪い病気なので、
残念ながら覚悟というものが出来てしまうのですが、
そうではない他の病気の場合、その『時』の覚悟なんて・・・到底出来るものではなく・・・

今この時間も、どこかで、誰かが、頑張っていて、
その限りある命の尊さを身に染みている誰かがいて、
その先の事は多分誰にも分からなくて、
そんな日常が今この瞬間にも訪れているかも知れなくて、

そう想うと、本当に心が痛みます。


どうか、哀しみが少しでも癒えますように・・・・


posted by miLai(旧美麗唯) at 21:41| Comment(2) | 活動報告
この記事へのコメント
昨年グリーフケアに参加しました。

小児患者の死亡で一番多いのが、白血病などの血液関係の病気、二番目が脳腫瘍です。
昨年の参加者は、ほとんど二つのうちどちらかで子供を亡くされた遺族でした。

今回も泣いて辛い気持ちになると思いますが、先生や関係者にも会いたいので参加します。
Posted by たかさん at 2014年06月23日 19:15
たかさん、
そうですね、やはり白血病の方が多いですよね。
明日はいっぱい泣きましょうか・・そんな時があってもいいですよね。
Posted by miLai(旧美麗唯) at 2014年06月28日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: